お金を借りる

MENU

お金を借りる体験をしたので感想を書いてみる

以前お金を借りるために銀行系カードローンを利用したその体験談です。
利用しようと思ったきっかけは、クレジットカードのキャッシング機能に比べ金利が低いことを知ったことでした。
月々の収入が不安定な職業に就いていたため、お金を借りないとどうしてもやりくりできないといった月があったのですね。

 

そんなときは、クレジットカードのキャッシング機能を利用して不足分を補っていたのですが、お金を借りる際の金利が18%で返済額の約20%に利息分が含まれていることにある時気付いたのです。
毎月の返済のたびにこの利息分をどうにかできないかと考えていたのですが、たまたま見たWebサイトで、銀行系カードローンは金利が低めであるという情報を得ました。
もちろん、それぞれのローン会社によって差はあると思いますが、少額の借り入れでも金利が15%以下で設定されてることがほとんどです。
月々の返済額でみるとクレジットカードのキャッシングを利用してお金を借りるよりも利息分にあてる金額を少なくすることができるんですね。
それを知ってから私はさっそく申し込みをしお金を借りることにしました。
カードローンの他のいいところは、無担保で融資を受けることができる点ですね。
個人情報だけが信用される条件なので、年収などの各種情報や会社への在籍確認をしただけで即日で融資を受けることができました。
申請方法もWebからできて簡単なので、金利の返済に困ってる方で少しでもそこを下げたいという人は、是非1度利用してみることをおすすめします。

 

お金を借りる前にきちんと返済できるか検討しましょう

実はとあるショップでとてもレアなバイクを発見してしまいました。だけどそれはレアなので普通のバイクより数段高かったのです。
1度は諦めたのですが、どうしてもそのレアバイクでツーリングに行ってみたいという思いが消えずにお金を借りるかどうか数日間悩みました。
そんな時、僕は友人から聞いたカードローン体験談を聞き、便利なので利用してみようと思ったのです。
申し込みはパソコンからしましたよ。
お金を借りる前に本人確認書類として運転免許証、年収を証明できる書類としての給与明細書を用意しました。
手続きは画面に従って入力していくだけで、10分もかからないうちに完了したように思います。
僕は事前に借りたい金額がわかっていたので、どうやったら無理のないように返済ができるのかを自分なりに、シミュレーションしてみましたよ。
まず口座振替を指定すれば、毎月決まった日にちに口座からお金を引き落としてくれますよね。
実は借り入れの額に応じて、返済の金額の約定がありました。
僕の場合は月に最低40,000です。だから僕はきりがいいので、40,000円ずつ返済していくことに決めましたよ。
お金を借りることにしたあと夏と冬のボーナス時は少し余裕があるためその時だけは多めに返したい思いました。
それで、そのことについて詳しく聞きたくて電話をかけたのです。
電話に出たのは女性で、「ご安心ください。利息金額以上の額であれば、臨時返済が可能となっています」と、とても丁寧に答えてくれました。